アクセスアップの意味

一言で『アクセスアップ』と言ってもアクセスアップには色々な種類があります。

1万の興味のないアクセスよりも、1の興味のあるアクセス

購買意欲のあるアクセスを集める

どんなに沢山のアクセスを集めても、商品が売れたり、サービスを活用してくれなければ意味がありません。

そのため、あなたのホームページで紹介している商品やサービスに強い関心を持つ人を集めることが本当のアクセスアップと言えるのです。

購買意欲のあるアクセスアップの意味を説明します

例を出してみます。

もし、富士市でホームページを制作している会社を探すときは、みなさんはどのようなキーワードをYahoo!やG等の検索エンジンに入力するでしょうか。

キーワード例

  • 『富士市』
  • 『ホームページ』
  • 『富士市 ホームページ』
  • 『富士市 ホームページ 制作』
  • 『富士市 ホームページ 制作 安い』

キーワードの組み合わせは色々ありますが、このようなキーワードで検索するでしょう。これらのキーワードで検索した中で、弊社にとって一番購買力のあるキーワードは

  1. 『富士市 ホームページ 制作 安い』
  2. 『富士市 ホームページ 制作』
  3. 『富士市 ホームページ』

の順になります。

ホームページを作ってもらいたいのに、『富士市』というキーワードで検索する人はまずいません。アクセスはかなり集められますが、どのアクセスも購買力がありません。ホームページ制作に興味のない人が沢山来るからです。

しかし、『富士市 ホームページ 制作 安い』というキーワードで検索する人は、「富士市でホームページを安く作ってもらいたい」という考えが始めからあるので、購買意欲が高いといえます。

その購買意欲の高い訪問者のアクセスを集めることが非常に大切となってきます。そしてそれが意味のあるアクセスアップということになります。

まとめ

以上のように、アクセスにも会社にとって『意味のあるアクセス』と『意味のないアクセス』があります。どれだけ意味(購買意欲)のあるアクセスを集められるかが、SEOコンサルタントの腕の見せ所です。

このページの先頭へ