Yahoo代理店? vs Dekita代表(私) 2014年2月

今回もクライアントのことろに業者から営業電話があり、それに対応したときの様子を記事にまとめてみます。今回の業者は、SEOとは違った角度からの営業だったので、「へぇ~そんな感じでもやってるんだぁ」と思った次第です。

では始めます。

クライアントの所への一本の電話

いつもの作業をしていると、Skypeにクライアントからメッセージが入ってきました。まとめると、

  • 電話の対応をお願いしたい。
  • 先方はHP担当の方と話をしたいと言っている。
  • スマホ対応のサイトを作成するがお金はかからない。

「スマホ対応のサイトを作成するがお金はかからない。」かぁ・・・。サイトを作成する段階で人件費がかかっているわけだから、一般的な会社であればその分は少なからず回収してくるわけだ。裏は絶対にあるね。

と言うことで、電話の対応をするためにクライアントの所に向かった。

Yahoo代理店?それズルくない?

クライアントからさらに詳しい情報を得る。どうやらYahoo代理店であると言っているということらしい。Yahoo代理店?確かに代理店のサービスはあるけど無料でスマホのサイトを作るって・・・、そんなサービス始めたのか?知らねぇぞ。


ってことで電話がかかってきたので、その辺りの問題もクリアにしていきたいと考えた。


※以下、私が覚えている範囲の会話の内容です。記憶を辿っているので若干のミスはあるかと思いますが、内容を大きく逸脱しているわけではありません。

会話の内容

営業:「私、Yahooの代理店をしております株式会社〇〇(アルファベット2文字)のナンチャラって言うものですが、ホームページ作成担当の方でしょうか?」

私:「はい、そうです。」


ふむ、確かにYahooの代理店と言っている。これでは知らない人からすればYahooと言われるだけでその先の話の信頼性は全然変わってくるな。ただすごく高い声の女性の営業だな。


営業:「先日、そちらの代表の方にお話をさせていただきましたが、この度、弊社で検索をしたところ、御社のホームページが上位にヒットしまして、是非スマホサイトを作成させていただけないかと思い連絡しました。「」

私:「なるほど。無料でスマホサイトを作成してくださるって聞いているのですが、本当なんですか?」

営業:「はい、スマホユーザーの増加に伴い、スマホサイトは重要になってきています。それを無料で作成させていただきます。」

私:「スマホサイトを作成してくださるのは有難いのですが、それをどこにアップするのでしょうか?現在ある弊社のホームページをリニューアルするといった形なのか、それとも独自にドメインを取得し、サーバーにアップするのか、それともYahooのサービス内にアップするのか・・・、どういった感じになるのでしょうか?」

営業:「えっと・・・ちょっと私、営業のものでして、その辺りの専門的なことは詳しくありませんので・・・」

いやいやそんな専門的な事じゃないし、結構大事じゃね?


私:「ああ、そうなんですか。それではその辺りの事を分かる方はいらっしゃいますか?」


ということで、専門的な人と電話を代わってもらうことにした。一度電話を切り、5分後、電話が鳴る。


営業:「私、Yahooの代理店をしております株式会社〇〇(アルファベット2文字)のホニャララって言うものですが、先ほどのお話をもう少し詳しく説明させていただきます。」

私:「はい、Yahooの代理店と言うことなのですが、Yahooのポータルサイトがそういったサービスを始めたのでしょうか?」

営業:「あ、いえ、そういったことではなく、弊社独自のサービスを紹介させてもらっています。弊社はYahooの代理店であるということです。」


???まぁいいや、その辺突っ込むと面倒くさくなりそう。


私:「ああ、そうですか。それでですね。スマホサイトを作成してくださるって話なのですが、これ本当に無料なのですか?」

営業:「はい、無料で作成させていただきます。スマホユーザーが増えていますので、スマホサイトを持つ意味は大きいと思います。パソコンでもスマホでも画面に合わせて適正に表示されるようにさせていただきます。」

私:「それってレスポンシブデザインのサイトを構築するってことですか?」

営業:「・・・。パソコンでもスマホでも画面に合わせて適正に表示されるようにさせていただきます。」

レスポンシブデザイン知らねぇな。自分の会社のサービスなのに。

私:「ああ、なるほど。で、現在ある弊社のホームページをリニューアルするといった形なのか、それとも独自にドメインを取得し、サーバーにアップするのか、それともYahooのサービス内にアップするのか・・・、どういった感じになるのでしょうか?」

営業:「はい、独自にドメインを取得しまして、弊社のサーバーにアップします。そしてSEOをしていきます。更にYahooの広告を出していきます。」


はい!来た!それね!


私:「ああ、なるほどですね。」


なるほどと思いました。Yahooの代理店と言うのはPPCの代理店ってことですね。後日、その会社のホームページを見てみたところ「オーバーチュアオンライン代理店」と表示していました。でもこんなこと知っている人の方が少ないと思います。「Yahooの代理店」なんて言われたら多くの人は、「あのYahooが認めているサービスなんだ。確かなものだ。」と思ってしまうと思います。話に戻ります。


私:「Yahooに広告を出すってことはお金がかかってしまいますよね。」

営業:「そうですね。なので弊社でスマホサイト作成費と5万円分の広告費を負担させていただきます。」

私:「5万円分の広告費が無くなった場合、どうなるのですか?」

営業:「広告は表示されなくなります。」

私:「そうですよね。」

営業:「その辺りはうまく運用していきます。1ヵ月で5万円分の広告が出るように設定をします。」

私:「なるほど。そして先ほど言っていたSEOなのですが、どういったことをしてくれるのでしょうか?」

営業:「ちょっとそれは技術的なことですので、お答えしかねます。」

私:「ああ、そうですか。話が戻りますが、契約に期間はあるのですか?」

営業:「大体皆様5年~7年の契約をしていただいております。」

私:「一番短くて契約はどのくらいなのですか?」

営業:「5年です。」

私:「なるほど。そして、他には何か費用は掛かってくるのでしょうか?」

営業:「プランが色々あるのですが、月々のランニングコストがかかってきます。これは2万円~3万円です。」

私:「その他には?」

営業:「サポート費用と言うのが毎月掛かってきます。これが4千円です。」


聞けば聞くほど、ボロボロ出てくる・・・。聞かない人もいるんだろうなぁ。


私:「つまり、大体ですが少なくても毎月2万5千円かかって、5年間の契約になるということですか?それが一番安く済む方法ですか?」

営業:「そうですね。」


はい、ここで計算をしてみましょう。25000円×(5×12ヶ月)ってことですね。1500000円!さらにPPC広告費用!アホか・・・。


私:「なるほど、分かりました。弊社の代表と話をしてみます。弊社の代表は良いサービスであればやってもいいと思っているのですが、お金がかかってきてしまうときついと言っていました。なので恐らく今回の話は難しいと思います。」

営業:「そうですか、また連絡させていただきます。」


といった感じで電話を切った。そして電話を切った瞬間、俺がクライアントに言った。


私:「却下で!」


と言うのが全体の流れ。

今回のことについて

今回の業者も今まで電話でかかってきた業者と正直変わらないと思いました。確かにスマホのサイトの作成費用は無料かもしれません。ただ、毎月のランニングコストがかかります。そして何より「Yahooの代理店」と名乗るのはズルいと思います。その言葉を出すのか出さないのかによって、受け取り側の心情は変わってくると思うからです。

今までの業者に比べて費用は安いように思えるかもしれませんが、PPC広告を主軸として行くので、実際には今までの業者が提案して来た金額よりも上に行くと思います。

ちなみにPPCに設定するキーワードは一緒に相談しながら決めるそうです。ああ、そうですか。

追記

後で文章を読み返してみて、思い出したことがあるので書いておきます。25000円×(5×12ヶ月)ってことで1500000円と書きました。これ以外にもPPCの運用代行費用がかかってきますね。おそらく。相場で言うと、広告費の1割~2割程度ですので、5万円分PPCで出稿するなら5千円~1万円の手数料がかかってくることになります。

毎月5万円のPPCを出稿するとしたら、毎月PPCの費用として2割計算で6万円。そこに毎月の2万5千円をプラス。合計8万5千円。それに60ヵ月(5年)を掛けると・・・5100000円!!

効果が出ればOKですが、やっぱりちょっと高いですね。

レスポンシブデザインのサイトってことは専用のランディングページと言うことではありません。それでどれだけの効果が出るのか・・・。


過去の対決:⇒SEO業者 vs Dekita代表(私) 2013年11月

過去の対決:⇒SEO業者 vs Dekita代表(私)

同一カテゴリー内 記事一覧

このページの先頭へ