SEO対策とは

SEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)のことです。つまり、『ホームページを検索エンジンに好まれるようにすることをSEO対策』と言います。

SEO対策とはSEO対策をすることで、あなたのホームページに多くの見込み客が訪れることができるようになります。

どんなにお金をかけて立派なホームページを作ってもSEOがしっかりとできていなければ全く意味がありません。ネット上にある大量のホームページの中の一つになるだけです。

検索エンジンに好まれるようなサイト施策(SEO対策)をすることで、検索順位に大きく影響をもたらします。

なぜSEO対策が必要なのか

あなたの持っているホームページは、何を目的に運営をしているのでしょうか。

運営者の目的は大きく分けて3つです。

  1. 趣味
  2. 会社の宣伝のため
  3. 集客するため

あなたがのために運営しているのでしたら私の役目はありません。

しかし②③のために運営しているのであれば、お手伝いできることがあるかもしれません。

私はホームページを『利益を上げる手段の一つ』と考えています。そのため購買意欲の高い人の目に付く位置にホームページを表示させる必要があります。そこで有効な手法がSEO対策となります。

検索エンジンに好まれる構造

検索エンジンには好き嫌いがあります。SEO対策とは検索エンジンに好まれるようにホームページ施策することで、狙ったキーワードで検索結果を上位に持ってくるとお話しました。

例を挙げて説明

例えば、富士市の公園について知りたいときに、どんなキーワードで検索するでしょうか。大抵の人が

  • 『富士市 公園』
  • 『富士市の公園』

といったキーワードで検索するのでしょう。

2010年8月に『富士市 公園』で検索すると、約659,000件の検索結果が表示されます。

ではユーザーは約659,000件全て見るでしょうか?ありえません。大抵のユーザーは上位3位までで必要な情報の多くを得ることができます。

つまり、少なくても1ページ目、もしくは2ページ目にホームページがないと誰も見てくれないのです。

検索結果は上げることができる!

そのため、1つでも上の検索順位を目指す必要があります。上位に表示させるためには検索エンジンに好かれるようなホームページ施策をしなければいけません。

そこで必要となってくるのがSEO対策の一部でもある、『サイト内部対策と外部対策』です。

どんなにデザインが良くても、どんなにページ数が多くても、これらのことができていなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。

ユーザーは、情報を求めています。必要な情報さえ手に入れば、デザインやページ数などは関係がないのです。

つまり

SEO対策とは、狙ったキーワードで検索結果で上位表示をさせるための施策です。

最近では、SEO対策会社が増えてきましたが、確かな技術を持っている会社は数少ないのが現状です。自分のホームページが上位表示できていないのに、SEO対策を売りにしているのには理解に苦しみます。

また、多くのSEO対策会社は施策費用が高額です。高額でも効果が出れば良いのですが、そうとも言えないのが現状ですし、SEO対策会社を間違えるとホームページ自体がスパムサイトとして検索エンジンに扱われ、検索結果から除外されるケースも珍しくはありません。

弊社代表が運営するホームページは、狙ったキーワードで上位表示されています。それは私が現役のアフィリエイターであり、『集客』『売り上げ』にこだわった施策を継続的に行っているためです。御社をコンサルティングするときに、例として提示することが可能です。

Dekita代表管理サイトの検索順位の一部

  • 教育系キーワード
    13,900,000件中1位
  • 病気系キーワード
    1,250,000件中1位
  • 公共施設系キーワード
    525,000件中2位

このページの先頭へ