ホームページ制作の際に

私がホームページを作成する際に基本的に使用するのが、MT(Movable Type)です。使い慣れているという点や、カスタマイズがしやすいという点で、よく使用しています。


また、クライアント自身もサイトを更新しやすいという点で重宝しています。


私がWEBコンサルティングで入る場合には、クライアントの協力は必要不可欠です。たまに、お金さえ出せばすべてしてくれると思われる方がいるのですが、本当に良いコンテンツをお客さんに提供するつもりでホームページ作成、WEBコンサルティングを依頼してくるのであれば、全て私が行うことは不可能です。


では、クライアントにどのようなことをしてもらうかというと、「情報提供」「素材提供」「ブログ更新」の3つが主なものとなってきます。

情報提供

ホームページを作成する際には、クライアントの情報を引き出さなければいけません。この作業を疎かにするとまともなホームページは作成できません。そのため、綿密なミーティングを必要とします。


また、クライアントのサービス内容はホームページ制作者の私には把握できません。


把握するためには、クライアントからの情報が頼りとなります。適当にホームページを作ろうと思えばもちろん可能ですが、それでは良いコンテンツをお客さんに提供することにはなりません。よって、クライアントからの詳細な情報提供は必須となります。

素材提供

特に写真素材が良い例です。自身が写真撮影をすることもあるのですが、毎日クライアントのところに私がいるわけではありません。ちょっとしたイベントや、生きたお客さんの表情などを常日頃から集めてもらうことで、同業他社のホームページより差を付けられるホームページを制作することが出来ます。

ブログ更新

ブログ更新が面倒・・・というクライアントがいるのですが、私の指示通りブログを更新してくれたところは約3か月から半年で、狙ったキーワードで上位表示を実現しています。ホームページは子どもと同じです。どれだけかまってあげられるかによって、成長具合も変わってきます。ブログ更新をするということは、子どもの面倒を見てあげているということです。手をかけたホームページは自然に上位表示をしてくれます。


もし、これらの作業が面倒でやりたくないという場合には、申し訳ありませんがお仕事はお断りさせていただいております。私も作成したホームページには自然と愛着がわいてきますので、大事にされないと分かっていてホームページ制作をするのは気が引けるためです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

同一カテゴリー内 記事一覧

このページの先頭へ