ホームページ制作方法の最近のブログ記事

サイトを作るのって難しい?

「サイト(ホームページ)を作るのって難しそう。」

このように言われることがあります。しかし、サイトと言っても様々な作り方があるため、一概に難しいとは言えません。感覚的に作ることもできます。問題は「用途」です。

今回はその辺りについてお話したいと思います。

WP(ワードプレス)のマルチサイト化

普段はMTを使っているのですが、WPも使えたほうが便利だということもあり、今回、WPに挑戦しています。


WPはプラグインが大変充実していて色々サイトをカスタマイズ出来る一方、PHPを主に使っているので、知識がないとなかなか奥深くまではイジリにくい言った性質を持っています。

画像のロールオーバー

たまに使うことがあるので、メモとして残しておきます。

画像のロールオーバーは、マウスを合わせるだけでボタンの色が変わるものです。

画像が沢山あるサイトだと、どの画像がクリックできるのか分からなくなることがあるので、ロールオーバーを使用して画像の色を変えたりします。



ホームページの振り分けは『.htaccess』

私はホームページを振り分ける際には、『.htaccess』を使用しています。ホームページを振り分けるというのは、次のような場合です。
  • PCからのアクセスにはPCページへ
  • モバイルからのアクセスにはモバイルサイトへ
  • スマートフォンからのアクセスにはスマートフォンサイトへ

タグを覚えなければならないのか?

ホームページは『タグ』と呼ばれるもので構成されています。


<head>、<body>、<span>、<br />など多種多様です。


ホームページ制作をする際には覚えていて損はありませんが、特にタグを知らない人でもホームページを作成することはできます。


勿論知っていた方が絶対的に有利であることは事実です。

ホームページ制作ソフト

今では多くのホームページ制作ソフトがあります。これらを使うことで、誰でも簡単にホームページを作ることができます。


また、ブログあたりは、文字を書くだけで簡単にそれなりのホームページを作ることができます。

タグを知っていると自由度が違う

ただしSEO対策をするのであれば、タグは知らないと困ることがあると思います。特に内部対策においては重要な要素の一つとなります。


ホームページ制作ソフトを私も持っていますが、細かい部分の修正は自分の手で直接入力します。その方が自由度が高くなるのも事実です。


実はこの記事を書いている際にもいくつかのタグを直接打ち込んでいます。


話を元に戻しますが、別にタグは覚える必要はありません。覚えなくてもホームページは作ることができます。


ただ、覚えておくと、ホームページ作成やSEO対策を行う際には有利に働くことが多いと言うことです。

レンタルサーバーの違い

サイトを運営するためにはサーバーが必要となります。サーバーとは何か?まずはそこからお話したいと思います。

  • サーバー⇒土地
  • ドメイン⇒住所
  • ホームページ⇒家

簡単に言うとこんな感じです。

ホームページ制作の流れ

静岡のホームページ制作 「Dekita」では、シンプルなホームページ制作を行っています。

ホームページで重要なことは、訪問者に対してわかりやすく情報を提供してあげることだからです。

制作行程

  1. ヒアリング
    どのようなホームページにしたいのかを一緒に考えます。
  2. キーワード調査
    狙っているキーワードにどのくらいのライバルがいるのかをチェックし、今後の方針を決定します。
  3. サイト構造決定
    サイトのコンテンツ、基本構造(項目)を考えます。
  4. テンプレート決定
    基本となるテンプレートを決定します。
  5. テンプレートカスタマイズ
    デザイン面やユーザビリティによって適したカスタマイズを行います。
  6. 調整
    最終確認として全ての面において調整を行います。
  7. 納品
    完成となります。

このページの先頭へ