案外知らないSEO業者の契約形態

SEO業者は数多くあります。施策内容を実際に聞いたことがあるのは3社のみですが、大抵同じような施策をして、狙ったキーワードで上位表示を目指しています。もしかしたら気づいていない人もいるかもしれないということで、今回の記事を書きたいと思います。

一般的なSEO業者は「被リンク」をターゲットサイトに付けることで、検索順位の上昇を狙います。この「被リンク」においても意見が分かれると思うのですが、「質」、「数」、「質・数」といったどれかで勝負をしていることだと思います。この辺りの説明は長くなるので省きます。

それで、結果としてターゲットキーワードで上位表示したとします。良いことですよね。でも、安易に喜べない場合があるので、この辺りを今日は説明したいと思います。

はじめに断っておきますが、今から書く内容は非常に単純にSEO周りの事を書いてあります。本当はもっと複雑なのですが、そこまで書いてしまうと読み手も書き手(私)も訳が分からなくなってしまうので、比較的簡単に書いています。


そのキーワード、利益が上げられるの?

どのようにターゲットキーワードを決めているのか分かりませんが、「このキーワードで上位表示すれば利益が上がる!」と言うのは、案外思い込みの場合があります。良い例として、私の失敗談ですが、「過払い金」というキーワードで「2位」だったサイトがあります。この時の売り上げは予想を大幅に下回る(大幅どころじゃないほど下回る)利益しか上げられませんでした。

現在は2ページ目、3ページ目をウロウロしている状態なのですが、売上は変わっていません。「過払い金」というキーワードで検索してくるユーザーが少なくなっただけという印象です。

このように、「このキーワードで上位表示すれば利益が上がる!」と言うのは思い込みの可能性があります。勿論当たることもあります。こういったことも可能性としてあるため、どんなキーワードでコンバージョンするのかと言うのを調べる必要があります。

そこで話を戻すのですが、SEO業者にお願いして、利益が上がると思っていたキーワードで上位表示した結果、結局全く利益にならなかったとしてもSEO費用は発生するということです。

良く見かけるのは「〇〇というキーワードで1位~3位に入ったら1日5000円」みたいな業務形態です。その順位に入らなければお金を払う必要はないので、悪くはないのですが、実際に上位3位以内に入った時から費用が発生してきます。

1日5000円であれば1ヵ月で約15万円。つまりターゲットキーワードで上位表示されて15万円以上の利益が出なければ、「検索結果は上なのに赤字という状態」になってしまいます。

なので、コンバージョンするキーワードをまずは徹底的に調べたほうが良いと思います。

※コンバージョンするキーワードの見つけ方は・・・敵を作りかねないので黙秘します。(多くのアフィリエイターは知っていると思います。)

解約したら被リンクは無くなるのでは?

例えば上位表示しても利益が上がらなかったとします。そのまま続けていても赤字が続くのでSEOを止めたいとしましょう。そういった場合どうなるのでしょうか?当然SEO業者から付けられたリンクは外されます

リンクが原因で上位表示していたのなら、上位表示の原因ともなったリンクが無くなるわけですから、検索順位は落ちます。今まで、SEO業者に支払ってきたお金はムダになるわけです。

なので、上位表示したままにしておきたければ、SEO業者との解約はできないといった仕組みなのです。なので1日5000円で上位表示しているキーワードがあったとして、その順位を維持し続けるためには毎月約15万円をず~と支払い続けることになるのです。

良い方法は?

良い方法は、「SEO業者に頼らず上位表示させる」ことと、「SEO業者を使ったとしたら利益の出るキーワードで上位表示させること」です。

当たり前のことすぎて、書いている方が恥ずかしくなってくるのですが、そういうことです。絶対に避けてほしいのは「多分このキーワードで上位表示すれば利益が上がるから、このキーワードで上位表示するようにSEO業者に依頼しよう」です。

同一カテゴリー内 記事一覧

このページの先頭へ